トップページ >> 成長ホルモン・・・

成長ホルモン・・・

金曜日, 1月 12th, 2018 | master | Uncategorized

皮膚の細胞分裂を活性化し、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは明るい時間の活動している時間帯には分泌されなくて、日が暮れてからゆったりと体を休めくつろいでいる状態で分泌され始めます。
どうにかしたいとの一心で自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう方がいますが、ことさら目の下は薄くて敏感なので、雑にゴシゴシと指を動かすだけの粗っぽいフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。
唇の両端、すなわち口角がへの字型に下がっていると、皮膚のたるみはじわじわとひどくなっていきます。にこっと唇の両端を上げて笑顔を意識していれば、弛み防止にもなるし、人に与える印象も良いと思います。
もう一つ、お肌のたるみに大きく影響するのが表情筋。いろんな表情を繰り出す顔に張り巡らされてる筋肉です。皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、この筋肉の動きも加齢に従い衰えるのです。
メイクのデメリット:ランチタイムにはメイク直しをしないと見苦しくなる。メイク落としをして素顔に戻った時の落差。化粧品の費用が結構痛い。メイクしてからでないと家から出られない強迫観念のような思考。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です